全作品リスト

書名:短編集

書名:長編

書名:掌編集/実話怪談

書名:ホラー関連書

作家リスト

シリーズリスト

特集ページ

サイトトップへ戻る

本サイトについて

更新履歴

累計:

今日:

昨日:

『余は如何にして服部ヒロシとなりしか』文庫表紙(初版)

『余は如何にして服部ヒロシとなりしか』文庫表紙(初版)

克美さんがいる

Katsumisan ga Iru,2005

作:あせごのまん

Written by Man Asegono

短編57ページ/『余は如何にして服部ヒロシとなりしか』所収/角川ホラー文庫

How I Became Hiroshi Hattori,2005

事故死したのはいったいぜんたいどこの誰?
残された日記が明らかする悪意の真相

 交通事故でICUに入院していた家族が死んだ。
 慌ただしく葬式の準備をする。悲しさも覚えるが、それ以上にしめしめとも思う。本当にいやな女だった。
 保険証書や貯金通帳をどこにしまっているのだろう。家族は誰も知らないという。そういうことは生前誰かに伝えておくべきだ。なんという無責任な女。
 家捜しを始めると中学生の娘桃香が反発してくる。喪中なのだから金、金と騒ぐな。世間知らずの小娘に意見され、つい手をあげてしまった。
 介護ベッドの下で見つけた手文庫には保険証書、貯金通帳、実印、そして青い表紙のノートが入っていた。
 日記とおぼしき内容は罵詈雑言のオンパレード。いかに性悪な女だったかを知らしめるため、一家の主慎次に突きつけてやった。
 その内容に慎次も愕然としたようだが…。

 安心して読めるけれど、著者に期待されている作品ではないでしょ。
 日常の風景に奇妙な人物やできごとが解け合って独特の物語空間を作り上げる。これが著者の持ち味だと思う。読み手の勝手な願望を押しつけるなといわれるかもしれないけど、ホラー小説大賞短編賞を受賞したのは、この持ち味を評価されたいうのが現実でしょ。
 評価された才能なり、感覚なりに磨きをかけて、その個性でもって読者を獲得していくのがまっとうだと思う。著者自身が進んで引き出しにしまう必要はないし、処女短編集で路線変更だとするならば片腹痛い。

【サイト登録日】2010年5月24日 【ジャンル】幽霊 ゴースト 薬 交通事故 痴呆 ボケ 老女 老婆