全作品リスト

書名:短編集

書名:長編

書名:掌編集/実話怪談

書名:ホラー関連書

作家リスト

シリーズリスト

特集ページ

サイトトップへ戻る

本サイトについて

更新履歴

累計:

今日:

昨日:

『生き屏風』文庫表紙(初版)

『生き屏風』文庫表紙(初版)

猫雪

Nekoyuki,2008

作:田辺青蛙

Written by Seia Tanabe

短編42ページ/『生き屏風』所収/角川ホラー文庫

Ikibyoubu,2008

雪になりたい、と願う心に秘められた想い
妖の皐月も再登場する『生き屏風』連作短編

 親の遺産を食いつぶしながら暮らす次郎は、昼寝のさなか、庭の池にたたずむ猫を見かける。鯉にちょっかいと出すと思いきや、いっこうに手を出さない。
「オレもおまえのような猫になってみたいよ」「そうか。猫になりたいか」
 猫がしゃべった。きっと夢だろう。ならば雪になってみたい。風に任せて舞う落ちるとは、どのような気持ちだろうか。
 次の瞬間、次郎は雪になっていた。自宅の庭にヒラヒラと舞い落ちる。
 目を覚ますと見慣れた居間にいる次郎。猫の姿もない。やはり夢だったか。
 その四日後。県境の妖、皐月の元を訪れた猫。かつては県境を守っていた妖であり、変化の術のお師匠様でもある。
「変化の才がある人間に出会ったところ、雪になりたいと言いよった。雪という発想がいい。誰かさんとは大違いだ」
 得意げに話す猫先生に皐月は問いかける。いったい何の用なんですか?

 不器用に生きてきた男が雪となって風に運ばれ、村を巡り、ほのかな恋心を抱き続けている女性の元へ舞い落ちる。なんともロマンチックなお話。
 茶目っ気たっぷりの妖の猫もよい。皐月の問いかけには答えずに「にぁゃん」と鳴いて霧のごとく消える。煙に巻くってこういうことかもね。
 一方で皐月の性格が無頓着かつ天然であることを示すためか、菊の花精姉妹と出会うエピソードを練り込んでいるけれど、物語とは直接関係がない。言葉は悪いけど、この「投げっぱなし」こそ著者の持ち味なのかもしれない。

【サイト登録日】2010年6月27日 【ジャンル】妖怪 幽霊