全作品リスト

書名:短編集

書名:長編

書名:掌編集/実話怪談

書名:ホラー関連書

作家リスト

シリーズリスト

特集ページ

サイトトップへ戻る

本サイトについて

更新履歴

累計:

今日:

昨日:

『病院の怪談』文庫表紙(初版)

『病院の怪談』文庫表紙(初版)

病院の怪談

Byoin no Kaidan,2003

編・著:元田隆晴

edited and Written by Ryusei Genda

掌編集

竹書房(竹書房文庫)/本体524円+税

単行本初版:−

新書本初版:−

文庫本初版:2003年6月18日/総221ページ(40w×16L)

医療関係者が体験した31の怪奇エピソード

 生と死が入り交じる病院という空間で、医師、看護師、葬儀関係者などが経験した不思議なエピソードを集めたシリーズ第4弾。
 作中に登場する医学用語や症例などが写真やイラストで解説されており、実話怪談本とは思えぬ趣きがあります。また、霊現象ばかりでなく、医学の常識ではありえない出来事をつづったエピソードも収載。生命の神秘さには驚かされます。
 それはさておき、今後当サイトでは元田隆晴氏の編著本は一切取り上げません。詳しくは下記マメ知識をどうぞ。

本書に関するマメ情報

◆編著者の元田隆晴氏がエピローグという題のあとがき(P218〜P221)において、理解しがたいことを述べています。大まかな弁としては「現代社会における人と人の希薄な関係性を嘆く」というものですが、次のようなことも書いています。
<引用>
「新聞でストーカー事件が報道されるたびに、「ああ、このひとはそれほどまでに相手を愛していたんだ」と感じ、"被害者"の人の心の冷たさを呪うわたしです。」


 頭の横で指を回してしまいました。Go to Hellです。
 どんな考えを持っていても自由ですが、管理人は非常に不愉快な気持ちになりました。こういう人に印税が渡るのは腹立たしいので、今後氏が関わった作品は一切取り上げません。