全作品リスト

書名:短編集

書名:長編

書名:掌編集/実話怪談

書名:ホラー関連書

作家リスト

シリーズリスト

特集ページ

サイトトップへ戻る

本サイトについて

更新履歴

累計:

今日:

昨日:

大石 圭

読みがな おおいし けい

生年・出身 1961年生/東京都出身 Google Map

商業デビュー 『履き忘れたもう片方の靴』(1993)

受賞歴 第30回文藝賞佳作(『履き忘れたもう片方の靴』/河出書房新社)

活動 純文学系新人賞でデビュー。ホラー、倒錯エロス、ノベライズまで執筆。短編は稀。

傾向 大胆なエロティック描写が目を惹く。サイコ殺人鬼系の作品は人物や設定がワンパターン。

文体 情景が目に浮かぶ明快な文章。誰でも受け入れられる癖のない文章ともいえる。

寸評 ホラーじゃない作品もホラーとして売りに出される傾向があり、ちょっと不運かも。

迷ったらコレ 『湘南人肉医』……とにかく美味そう食べる。官能描写も多い。

公式サイト Subliminal 0 - Ohishi Kei Official Website -

公式ブログ

公式Twitter

本サイト登録済み作品(数字は刊行年)

2002年/長編

『殺人勤務医(2002)』

殺人勤務医

独善的な正義で罪人を拷問する産婦人科医。

2003年/長編

『湘南人肉医(2003)』

湘南人肉医

食人行為で快楽を得る整形外科医。

2005年/長編

『1303号室(2005)』

1303号室

怨霊の恐怖を描く著者初の超自然ホラー。

2005年/長編

『死人を恋う(2005)』

死人を恋う

屍姦の虜となった男の孤独。

2006年/長編

『飼育する男(2006)』

飼育する男

誘拐した女性を監禁凌辱する男。