全作品リスト

書名:短編集

書名:長編

書名:掌編集/実話怪談

書名:ホラー関連書

作家リスト

シリーズリスト

特集ページ

サイトトップへ戻る

本サイトについて

更新履歴

累計:

今日:

昨日:

『悪魔の見張り』単行本表紙

『悪魔の見張り』単行本表紙(初版)

『悪魔の見張り』帯-表面(初版)

『悪魔の見張り』帯-表面(初版)

『悪魔の見張り』帯-裏面(初版)

『悪魔の見張り』帯-裏面(初版)

『悪魔の見張り』文庫表紙(モダンホラー・セレクション版)

『悪魔の見張り』文庫表紙(モダンホラー・セレクション版)

『悪魔の見張り』文庫帯-表面(モダンホラー・セレクション版)

『悪魔の見張り』文庫帯-表面(モダンホラー・セレクション版)

『悪魔の見張り』原書(Simon&Schuster版/1974)表紙

『悪魔の見張り』原書(Simon&Schuster版/1974)表紙

悪魔の見張り

The Sentinel,1974

作:ジェフリイ・コンヴィッツ(高橋豊訳)

Written by Jeffrey Konvitz

長編

早川書房/本体1,200円(消費税導入前)

単行本初版:1975年12月20日/総282ページ(26w×20L×2段)

新書本初版:−

文庫本初版:1988年7月15日

悪魔の策略で混乱を極める女性に課せられた使命
現代ニューヨークで繰り広げられる神と悪魔の攻防

 インディアナ州の実家で父の葬儀を終え、4ヶ月ぶりにニューヨークへ戻ってきた26歳のファッションモデル、アリソン・パーカー。幼い頃に目撃した光景に深く傷ついた彼女は自殺未遂の果て、郷里から離れたのだった。
 気分転換に引っ越しを考えたアリソンは、マンハッタン西49丁目にある優雅な古いアパートに入居を決める。最上階の5階には、盲目のマシュー・ホーリラン神父が住んでおり、日がな一日窓辺に座っているという。薄気味の悪い話だ。
 恋人のマイケルとも順調だったが、たびたび体調不良に襲われるようになる。
 ある夜のこと、階上の足音の正体を確かめるべく忍び込んだアリソンは、亡き父に襲われ、首を絞められる。夢中で包丁を突き立てて気絶するのだが、警察の調査では殺人の形跡はないという。各部屋を調べた警察はさらに告げる。どこも空き部屋だし、住民は神父とあなたしかいない。
 アリソンは狼狽する。つい先日も住民たちとパーティを開いたばかりなのだ!

 邦題でネタバレしちゃってる作品。
『ローズマリーの赤ちゃん』や『悪魔のワルツ』の流れを汲んでおり、現代のニューヨーク、悪魔の跋扈、孤立する女性主人公など、おなじみの設定だ。
 先達の作品に比べると、(1)キリスト教色が濃い。(2)悪魔がもたらす恐怖は脇役、という特徴を持っており、なかなかおもしろかった。
 物語を引っ張る主人公は、過去に犯した罪にさいなまれている。彼女の犯した罪とはキリスト教義上の罪。キリストの赦しを得るために用意された使命が邦題につながる、というわけ。かなりの力業という気もするけど。

【サイト登録日】2010年3月7日 【ジャンル】悪魔 サタン 宗教

▽メモ1原題「The Sentinel」は、見張り、歩哨の意味

▽メモ2マンハッタン西49丁目アパートの存在理由(p263)

「このブラウンストンの建物は、混沌の上に架けられた橋なのだ。地獄の門と現世の境界とが連結するところなのだ」

▽メモ3見張り役の選出(p261〜p262)

 見張り役は自殺未遂を起こした男女から選ばれる。自殺の罪をあがなうために悪魔の侵入を見張る使命を負う。俗世との関係、悪魔の誘惑を断ち切るために視力や痛覚、感情などが自然と失われてしまう。

▽メモ4ホーリラン神父の来歴(p214)

 本名はウィリアム・オラーク。1891年マサチューセッツ州ブロックトン生まれ。自殺未遂を起こす。1952年7月9日に失踪してるため、この日を境にして見張り役になったと思われます。

▽メモ5チェインズ(悪魔、または死霊)の飼い猫はジェジベル

▽メモ6日本酒をたしなむ描写あり(p153)

ジェフリー ジェフリイ コンビッツ コンビィッツ コンヴィッツ