全作品リスト

書名:短編集

書名:長編

書名:掌編集/実話怪談

書名:ホラー関連書

作家リスト

シリーズリスト

特集ページ

サイトトップへ戻る

本サイトについて

更新履歴

累計:

今日:

昨日:

『[新版]怪奇小説傑作集2』文庫表紙

『[新版]怪奇小説傑作集2』文庫表紙

船を見ぬ島

No Ship Pass,1932

作:L・E・スミス(宇野利泰訳)

Written by Lady Eleanor Smith

短編47ページ/『怪奇小説傑作集2[新版]』所収/創元推理文庫

The Great Stories of Horror and The Supernatural vol.2,1969

難破の末にたどり着いた熱帯の孤島
老いも死も存在しない永遠の生がもたらすもの

 火災を起こして沈没したヨット。辛くも生き延びた乗組員パターソンは、彼方に見える海原の島影を目指して泳ぎ始める。
 島にたどり着いた彼を待ち受けていた4人の島民は、仮面舞踏会のような派手な服をまとった陰気な矮人ヘイウッド、快活な若者ジャッドはタイタニックの船員。嫉妬深く尊大にして残虐なスペイン海の海賊キャプテン・サンダーと美貌の情婦イネス。場所も時代もさまざまな海の遭難者たち。
 船が難破する現場に現れ、遭難者を受け入れては消えてしまう蜃気楼の島。永遠の命を与えられる島。死から見放された島。
 脱出、自殺、殺し合い。あらゆる可能性を試した島民たちは、しまいには島での暮らしに馴れてしまったというが、その瞳は死人を思わせる暗い翳が…。
 疑いを隠さないパターソンだったが、やがて事実として受け入れ始める。それでも諦めきれない彼は、筏を組み、大海原へ。脱出は成功するだろうか。

 沈没船から逃げ出した主人公のセリフ「ありがたいことに(p92)」で物語は始まる。読み終わったあとで痛烈なユーモアになってることがわかった。
 不老不死テーマといえば、生への苦悩や苦痛を描く作品が多いなか、本作では、ありのままを受け入れている人々が登場する。死ねないのだから、生きていくという考えもない。食う。泳ぐ。寝る。おまけに服も傷まない。
 楽園を描いた幻想小説と思いきや、実は地獄そのものを描いている。読んでいると徐々に息苦しさを覚えた。ビックリドッキリな怖さはないけど、こういうタイプの怖さもいいね。

【サイト登録日】2008年1月22日 【ジャンル】幻想・不老不死

▽メモ1島では、人間以外の生き物は死ぬ(p108)

▽メモ2「矮」は小さい意