全作品リスト

書名:短編集

書名:長編

書名:掌編集/実話怪談

書名:ホラー関連書

作家リスト

シリーズリスト

特集ページ

サイトトップへ戻る

本サイトについて

更新履歴

累計:

今日:

昨日:

『血の本2:ジャクリーン・エス』文庫表紙

『血の本2:ジャクリーン・エス』文庫表紙

新・モルグ街の殺人

New Murders in the Rue Morgue,1984

作:クライブ・バーカー(大久保寛訳)

Written by Clive Barker

短編53ページ/『血の本2:ジャクリーン・エス』所収/集英社文庫

Books of Blood No.2,1984

人間わざとは思えぬ残忍な殺人の数々
大家ポーの作品に逆転の発想で挑んだ意欲作

 73歳にして成功を収めた画家ルイスは、旧友キャサリンの電報を受け、凍てつく冬のパリへやってくる。老齢の身にはひどく堪えるが、50年以上にわたる友情をむげにするわけにもいかぬ。
 ルイス自身、パリには浅からぬ因縁を持っていた。彼の祖父は、ヴァージニア州で若きエドガー・アラン・ポーに出会い、旅行中の逸話を聞かせた。ポーはそれらの話を元にして『モルグ街の殺人』を執筆したのだ。作中の探偵C・オーギュスト・デュパンこそ、ルイスの大叔父に当たる実在の人物だったのだ。
 キャサリンの70歳になる弟フィリップが、19歳の愛人ナタリーを惨殺した罪で逮捕されたという。助力を求められたルイスは、なんの因果か、素人探偵をやるはめに。拘置所のフィリップを訪ね、犯行現場となったアパルトマンへ向かう。そこでコートを着た大男を目撃。強い香水を匂わせ、ちょこちょこした歩き方。この奇妙な男は事件となんの関係があるのだろう。

 1841年に発表されたポーの短編『モルグ街の殺人』は、レスパネェ母娘を惨殺した犯人の正体は? という謎を論理的に推理・解明する作品。この点によって近代ミステリ小説の祖といわれるらしい。諸説あるらしいけど。
 好きな作家としてポーを挙げているバーカーは『モルグ街の殺人』の理路整然さをひっくり返してみせる。気まぐれな思いつきでゴリラを人間のように躾けるフィリップ。人間として生きようとするゴリラは、愛を理解するために人を殺す。ポーが人の英知で解決した物語を、バーカーは傲慢さで破滅する人の物語として描いてみせる。ドス黒いユーモアに満ちた作品だった。

【サイト登録日】2008年5月18日 【ジャンル】科学・動物

▽メモ1人間とゴリラのDNA

ナショナルジオグラフィックスチャンネルのドキュメンタリー番組によりますと、人間とゴリラのDNAは97,7%同じらしいです。

クライブ クライヴ バーカー ヴァーカー