全作品リスト

書名:短編集

書名:長編

書名:掌編集/実話怪談

書名:ホラー関連書

作家リスト

シリーズリスト

特集ページ

サイトトップへ戻る

本サイトについて

更新履歴

累計:

今日:

昨日:

『血の本3:セルロイドの息子』文庫表紙

『血の本3:セルロイドの息子』文庫表紙

『血の本3:セルロイドの息子』文庫帯

『血の本3:セルロイドの息子』文庫帯(文庫初版バージョン)

『血の本3:セルロイドの息子』原書表紙(1984)

『血の本3:セルロイドの息子』原書表紙(1984)

血の本3:セルロイドの息子

Books of Blood No.3,1984

作:クライブ・バーカー

Written by Clive Barker

短編集

集英社(集英社文庫)/本体500円+税

単行本初版:−

新書本初版:−

文庫本初版:1987年5月25日/総354ページ(41w×18L)

直球スプラッターから古典ホラー風味までバラエティに富んだ第3弾

 バーカーの嗜好がより強く押し出された全6巻の3巻目。
 ホラー映画のヒロイン像を逆手にとった『セルロイドの息子』、不敬な嗤いと強烈スプラッター描写が冴える『髑髏王』など、ホラーのさまざまな面を存分に楽しませてくれます。
 とくに興味深い作品として『魂の抜け殻』を挙げます。個の存在というモヤモヤした不安定さを手堅くまとめた作品です。名や顔を失った人物が不条理な状況で右往左往する、安部公房の一連の小説を思い出しました。

本書に関するマメ情報

◆原書と同様全5篇すべて翻訳。

◆本国イギリスでは、本巻にて完結する予定でしたが、セールス好調にて全6巻へと拡充されました。

収録作品一覧

  1. セルロイドの息子
  2. 髑髏王
  3. 好色稼業・屍衣の告白
  4. 生贄
  5. 魂の抜け殻
クライブ クライヴ バーカー ヴァーカー